<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
go green market X 東京蚤の市
すっかり、秋です。
木々は紅葉を始め、落葉し、空は澄み渡り
陽が暮れれば、肌寒さを感じ、夜空の月や星は近くに見えます。
いやー、すっかり秋です。
冬に向かって枯れていく生命の儚さの中で、生きる物のエネルギー
の純度がひときわ高く感じます。

枯れ葉の絨毯が出来上がった昼下がりの公園で老人はベンチに座り、
その視線の先には子供たちが遊んでいる。

このお決まりの秋の場面の中には対極する生と死がそれぞれのイメージを
修飾するかのように存在し秋という美しい場面を作っている。

手入れをしなくてはいけない家具をほったらかし、ぬくぬくと鼻をほじりながら
珈琲を啜り、飯の足しにもならないことをモケーと思索しがちな今日この頃。

あー、あー、あー、いけない。1週間切った―!!

モケーとしている場合ではない。

今月、24,25と「go green market」「東京蚤の市」同時出店!!

「夏休みの宿題を残り3日で終わらせる」シンドローム代表の僕なワケだけど
宿題は二つあるワケだからそろそろ重たい腰を上げなくてはいけない。

これまでの骨董市やアンティークイベントとは一線を画し、新しい世代のマーケット
イベントとして、間違いなく国内では注目されている2大イベント。
両イベント共、全国で注目される店舗、業者をセレクト、オーガナイズし、
コンセプトのしっかりとした企画内容で作り上げるその催事は、古い物、
アンティークが好きな人々は然り、一般の人々にまで「温故知新」、「3R RE-USE,
RE-DUCE,RE-CYCLE」などのライフスタイルとともに広がり期待されている。

今年の春にも僕は両イベントに参加させていただきとても楽しい時間を過ごさせてもらった。
その時は1週違いで両イベントが行われ、割とスムースに出店できたが、今回はそうはいかない。同日、同駅。互いのオーガナイザーに心配されながらも八方美人の僕は双方の
オファーを受け、承諾したのだ。ホワッタ バスター アイ アム!

それもこのブログのハンドルネーム「INTERESTINGMAN」所以の僕の性分。

そもそも、好奇心という意の「interesting」。語源としては「何かと何かの間に在る」
という意のところから「こりゃ、おあつらえ向きだ」と名にしたのだ。

幼稚園の頃には、ユミちゃんとミユキちゃんの間を往ったり来たりしていた僕。
全く「そうゆう星の下」的サガ。

GO GREEN MARKET 
公式H.P.

東京蚤の市 
公式H.P.


P.S.
扶桑社 relife+ 「ご近所の古道具&アンティーク屋さんがいまアツイ!」特集で
当店、古物百貨店ALL TOMORROW'S PATIESが取材をされました。

d0177471_17261648.jpg

d0177471_17264514.jpg

[PR]
by interestingman | 2012-11-18 17:39