<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
アンチ・ダウンジャケット
寒いです。
でもダウンジャケットは着ません。
祖父の遺言です。ウソです。
ビートニクスはダウンジャケットを着ないもの
なのです。
小学3年生の時、担任の坪谷先生が「物事を断定すること
の危険性」について語られ、僕はそれから物事をできるだけ
広義に捉えるようになりましたが、これは断定できます。

ビートニクスはダウンジャケットを着ないものなのです。

ダウンジャケットなんて物はマイケル・J・フォックスあたり
に着せてりゃいいのです。

マイケル嫌いじゃないけど。

いやー久しぶりにいい映画を観ました。

「シルビアのいる街で」

フランスのストラスブールを舞台に青年が「シルビア」という名の
女性との再会を望み、歩き、佇み、想う。

余計なセリフを一切省き、完璧に構成されたカメラワークと演出。

鑑賞後、僕は懐かしい「青さ」に包まれ、自らの「青かった青年時代」
を思い出し、監督ホセ・ルイス・ゲリンに感謝した。

そして、思い出したかのように高田渡のファーストアルバム「ごあいさつ」
をプレーヤーに載せ、その中の「日曜日」という曲を聴いた。

設定が全く一緒なのだ。

彼女のいる街にやってきた「僕」が彼女との再会(それは偶発的でないと
いけない)を望み、喫茶店や街を彷徨う。

高田渡のおもしろいのはその街に彼女がいなくなったら、「僕」自身が
その街に住もうと思いはじめてしまうところが「青すぎて」たまらない。

というワケで僕はビート二クスというワケではないけれど、
この先もダウンジャケットは着ないつもりです。
[PR]
by interestingman | 2012-02-18 17:51



覚書き
by interestingman