「ほっ」と。キャンペーン

カテゴライズ
そこには段ボール箱にして10箱近くのレコードがあった。
ここ数年のあいだに買い取りで入手したレコードの山から気になるものをピックしたものも
あれば、僕が専門店で気にいって購入したものもある。

「医者の不養生」ってやつで

僕のような古道具屋はかたずけや整理、手入れが仕事みたいなもので
プライヴェートの事柄になると、てんでダメ。

雨の日曜日、来客も少ないだろうと算段し、一念発起。その膨大なレコードの
山の前で仁王立ちをした。

さて、どうカテゴライズするか?
とりあえず、空き箱をいくつか並べてマジックで標した。

「ロック」、「ジャズ」、「ニュー・ウェーブ」、「ジャップ」、「フォーク」、「ブラック」、
「90’s~」

とりあえず、大まかにこの7つの分類で始めることにして、判断に迷いを生じた時
のためにポータブルレコードプレーヤーを用意し改めて視聴できるようにした。

そもそも僕はいわゆるテキスト通りのリスナーではなく、かなり偏った耳をしているので
その行為は間違いなく「僕の僕による僕のための」カテゴライズであった。

たとえば、1940年前後のブールスは「ブラック」には分類されず、アメリカン・フォークロア
音楽として「フォーク」へと分類され、同様に民族色の強い「ジャズ」なども「フォーク」に
分類された。また、「ニュー・ウェーブ」はかなり広義な枠組みとして70年代後半から80年代
前半までの電子音楽、プログレ、パンク、ブラック・ミュージック、ロックを包括するが、
僕のかなり偏った価値観をクリアしたものだけは、「ロック」の箱へと昇格?された。

ジョン・リー・フッカーは「フォーク」、ファラオ・サンダースも「フォーク」
トーキング・ヘッズは「ロック」、ブライアン・オーガーも「ロック」

しかしながら、「ブラック」と「ロック」の箱の追加が相次ぎ、新たに「R&B」と「レゲエ」が追加され、
結局「ブラック・ブルース」と「ホワイト・ブルース」も新設された。

僕が気難しい顔をしながら、そうこうしている間にお客さんは予想に反してボチボチやっては来て、
なんだかんだ僕は控え目な接客しながら作業をしていたのだが、気が付くと僕がいるバックヤード
にお客さんが入り込んで来て、
「いい音ですね。」
などといいながらポータブルレコードプレーヤーから流れる70年代のロックに耳を傾けうなずいている。
「ローファイな音ですけど、なんだか懐かしい音ですね。」
「その当時のレコードプレーヤーですからね。チープな音ですがしっかり鳴ります。それに手軽なんですよ」
僕が作業にあきらめてそう言うと、お客さんはしみじみした面持ちで
「それ、売り物ですか?」
とたずねてきた。

そんな感じのお客とのやりとりが今日は数回あり、2台のレコードプレーヤーと5枚のレコードが売れた。

結局レコードの整理は終わらなかったが、「そうゆうもんなんだな~」的な充実感を得られた
雨の日曜日でした。












 
[PR]
# by interestingman | 2010-07-12 00:49
「快晴の日」
ここ数年、雨の日を「雨の日」として愉しむゆとりが自分にはない。
仕事のことを考えると、やはり不都合であったりして。
仕方がないことではあるけど、これまでは雨の日は「雨の日」として
そこそこ愉しんでいた。
ボブ・ディランのファーストアルバムを聴きながら、サマーセット・モームの
短編を読んだり、トタンが奏でる雨音を聴きながら、キャラメルコーンをほうばったり、
外に出かけては、取り込まれず悲しく濡れる洗濯物に同情しながら路地を歩いたり・・・
アンニュイでしっとりした感じでヘラヘラできたものだ。

同じように快晴の日を「快晴の日」として愉しむタイミングがつかめず
ただただ、快晴の日として過ごしてしまう。

しかし、今日はこの梅雨つかの間の快晴ということで午前中、息子を助手席に乗せ
ドライブとしゃれこんだ。

最近ようやく手にいれたロイ・ブックバインダーの「トラヴェリン・マン」をCDプレイヤー
に入れ、あのどこまでも優しく、乾いた声とフィンガーピッキングの軽やかな音色に落ち着こうかと
流れる音に僕がうなずいていると息子が左半面の表情を崩した顔で

「なんか、コレじゃない。もっと元気なやつがいい。」

と伝説の名ギターリスト、ロイ・ブックバインダーを「コレ」扱いして言ってきた。
その生意気な表情と「コレ」発言が感に触りひっぱたこうかとも思ったが
確かにこの午前中の快晴のコンディションと3歳児のエネルギーは決してロイとは
同調しないと僕はあっさり認め、あらためてCDボックスに目を落とした。

こうして見るとCDボックスには最近の平坦な日常に無害な音ばかりで、どうしたものか
と思っていたが、幸いクラッシュの「ロンドン・コーリング」があった。

僕は1曲飛ばして2曲目の「ブランド・ニュー・キャデラック」をプレイさせた。

先週の金曜の朝、僕は湘南の古物市場へ向かう車中、ラジオでピーター・バラカンの
「バラカン・モーニング」を聴いていた。
いつもながら、ツボをおさえた選曲にうなずいていたのだが、ふと流れた曲が僕の脳裏を
震わせた。
その曲はエレクトロティックでありつつフロウなダブなのだがしっかりとしたロックで
なによりもボーカルの野暮ったくスッとんきょんな声に馴染み深さを感じた。

曲が終わるとバラカン氏はあの優しい声でその曲はジョー・ストラマーの「ヤラ・ヤラ」で
あると紹介してくれた。

僕はクラッシュ解散後のジョー・ストラマーの音楽活動については全く知らなかったので
久しぶりにドキドキした。「やってたんだー」

そして、僕はアマゾンで調べて1999年発表のジョー・ストラマー&ザ・メスカレロスの
「Xレイ・スタイル」を発注し、思い出したかのように家のCD棚からクラッシュの「ロンドン・
コーリング」を手にしたのだった。

おかげで僕は素敵な「快晴の日」を獲得できた。

午前中のドライブ

ノリノリの息子と

クラッシュ時代のジョー・ストラマー
[PR]
# by interestingman | 2010-07-10 22:14
エキセントリック

「エキセントリックであるということは、奇行に走ることを意味しない。
 ましてや、自己を顕示することではない。
 エキセントリックとは、中心から外にいること、を本義とする
 周辺にいて、中心の権威に属さない位置。
 その位置を保ちながら、しかも中心を脅かす。」

これは荒俣宏しが「エキセントリック」の意義について語ったものだ。
おそらくこれが本義であれば僕はエキセントリックであろう。
これまで歩んできた人生、人との関わり、対社会での立ち位置
僕は好んでも、好まざるとも周辺をうろついていた。

また、エキセントリックな物が好きで、中心や、現実や、生活から
吹き飛ばされてしまって、ぽつんと転がっている物を見つけると拾いたくなる。
 
例えばこいつとかd0177471_19503186.jpg

または
d0177471_19521440.jpg
こいつとか。
[PR]
# by interestingman | 2010-07-09 19:54



覚書き
by interestingman
カテゴリ
以前の記事
2016年 02月
2015年 08月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧