<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
カナリヤの森&nao.ラウンジ
どうもです。
先月末の「GO GREEN MARKET」、「東京蚤の市」に来て下さった皆様
ありがとうございました。両イベント共、大盛況の中これからも益々発展
していくであろう古道具、アンティークマーケットの新たな潮流を感じる素敵な体験で
ありました。

イベントも終わり、お陰さまで次々と依頼される仕事をこなしつつ精進している
僕なのですがまたまた「僕が僕である為」の社会からの制裁「運転免許60日間停止」
を頂戴し、仕事には必要な車を奪われた僕なのであります。オー。

携帯電話使用等(保持)  1点
座席ベルト装着義務違反  1点
携帯電話使用等(保持)  1点
通行禁止違反       2点

累積点数         5点

あのヤヤこしいイヤフォンマイクやシートベルトをしなかった事。
自宅から数十メートルの道路が実は学童通行路で7時から9時の間は一方通行
であったらしく僕はそれを今まで知らなかった。(標識を観ていなかったのだが)
それを例の警察のネズミ捕りにかかり、そうゆうこととなった。

まったくの僕なのだ。 

というわけモッパラ徒歩と電車の日々。

横浜線の駅での目撃情報もチラチラきくのですが「情報」とかじゃなく
声をかけてください。噛みついたりしませんから。
「いやー、どうも電車とかプラットホームには似つかわない、怪しい人がいる
相模原のあの店の、あの人かな―」
と思ったら僕なので声をかけてください。多少ワナワナしていたり、挙動不審な
とこがあるかもしれないけど。。。。

そもそも僕は歩くことが好きなのに商売上、積載可能な車で移動しなくてはいけなくて
休みもないから好きな散歩も最近ではしばらく出来なかった。

歩く視点での社会生活は久しぶりだ。
いろいろと忘れていたイメージや価値観を僕に気付かせてくれる。
この時期に車が乗れないのは商売上イタイところではあるが
この寒い季節に歩いて、身体をヒートアップさせ、社会で営われている
冬の場面を観賞しながらアレコレ思索することは僕にとって密かなリフレッシュ
になっている。

だいぶ、遅れてはしまったが幾つかの店舗内装を手伝わせていただいたのでそれら
店舗の紹介です。

「カナリヤの森 ブッカ・ブー」

今年の5月に紹介を受けお会いしたNさん、お話を伺ったところ、これまで
も運営されていた「カナリヤの森」という施設をリニューアルしたいという。
資料を見せて頂き、現状のその施設を拝見したところ、リンデンホールという
音楽やダンス、ヨガ、アレキサンダーテク二ークレッスン等の催しができるホール
があり、そこにコミュニティースペースとして隣接されたカフェ。
なにやらやさしいハーブの香りがするNさん。

「あちら、こちらで富岡さんのお話を伺って、今回のリニューアルをお願いしようと
思いまして。。。」

どうしたものか。。。今までのハッタリは通用しない。あまりに違う穴のむじな過ぎる!
Nさんが構想として広げた風呂敷の大きさに僕は素直に両手を挙げた。

「僕は所詮古道具屋です。これまで色々と店舗開業のお手伝いをしてきましたが、今回
は話が大きすぎます。」

それでも。。。と引かないNさんの気持ちとご縁を信じたいとする双方の考えが
引くに引けない状況となり、

「それでは、僕に出来る限りのことはやりましょう。」

と相成った。

それから1か月後。Nさんに設計士のN氏を紹介され、僕は植栽外工の為に輪のケイちゃん
を紹介し役者は揃った。施主であるNさんを筆頭に皆、自由な発想の持ち主が集まっていて
打ち合わせではあれこれとアイデアが飛び交い、ストレスを感じない愉しい時間だった。

そして、10月の17日に3日間のプレオープン後、オープン。

まだまだ、発展予定ですが、今のところこんな感じです。

d0177471_1451116.jpg
d0177471_1451323.jpg
d0177471_145208.jpg
d0177471_14521440.jpg
d0177471_14523440.jpg
d0177471_14524564.jpg


次に紹介するのは「nao.」

2年前に開店し、当店もかなり力を入れて内装をやらせていただき、今ではプライベート
ヘアーサロンとしてセレブなお客で賑わう名店。

オーナーのW氏は独特のセンスを持つ、真面目でオーダナリーな人。
初めて会った時、慣れてはいるが僕のような人間に対する「斜めな視線」がやはり
彼の目にも現れていて、今となっては笑い話だがW氏は
「この人と関わっていいものなのか?」とよく当時を回想する。

そんな彼は常に店舗の向上を考え、かなりアクティブに僕のところに来ては商売や店舗の
相談するのだが、またも唐突なことをいいだした。

「シャンプー台を1台処分して、空いたスペースに部屋をつくりたい。」

「えっ?」

僕は彼の暴走を感じると度々、彼の奥さんであるKさんに相談するのだが、

「子供が生まれて私も子育てをしてるし、シャンプー台は1台でいいことはいいんですけど、
W君も一人で営業する上で何かしたいんじゃないですかねー」

夫婦でありながら互いを名字で呼び合う二人はそれぞれのベクトルでマイペース。
二人と話をしているとニューウェイブな夫婦漫才みたいだと僕は常々、おもう。

「なんだか、茶庭みたいだね。」

「えっ、なんですか?」W氏は興味ありげな表情を浮かべる。

「茶庭は千利休によって大分、その装置として発展したんだけど、家の門をくぐり、
正面に玄関があり、その脇に茶室に通じる露地がある。茶室で茶を行う前に、来客者は
露地を通る事によって、日常や世俗といったものを忘れさせられるんだ。露地には腰掛
待合や手水鉢、ツクバイ、美しい庭木などがその装置として置かれる。」

「いいですね。そんな感じです。」

W氏が僕のその解釈を気にいったようなので僕もとりあえず落ち着いた。

というわけで「nao.ラウンジ」
d0177471_14545266.jpg
d0177471_14553150.jpg
d0177471_14555321.jpg
d0177471_14563438.jpg


最後に紹介するのが相模原を代表とする洋菓子屋さん「セ・ラ・セゾン!」
相模原に住む人なら1度は口にしたことがあるであろう「ロールケーキ」
の美味しい店。

今年の6月辺りに内装の相談を受け、手始めにとオリジナル什器(物販台)
を制作させていただきました。

d0177471_15221821.jpg

まだまだ「セ・ラ・セゾン!」さんとはこれからなので
中間報告までに。
[PR]
by interestingman | 2012-12-13 22:51



覚書き
by interestingman
カテゴリ
以前の記事
2016年 02月
2015年 08月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧