「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
例のフライヤー
苦情が多発している。

例のフライヤーのことだが・・・

当店で什器を買いそろえてくれた店舗さんや知り合いの
お店などに置かせて頂いている。

兼ねてからお付き合いのある店舗事業者の皆さまから
お客が什器として使っている家具や雑貨に興味を持たれ
何処で購入できるのか尋ねられる際、いちいち地図を描いたり
店を説明するのが面倒だとの苦情。
地図の記載されたフライヤー、ショップカードを作ってくれと
ここ数年散々言われ続けてきた。

そして、作られた例のフライヤー。

苦情が多発している。

住所も記載されてなければ、電話番号すらない。
地図って言っても日本地図?

以前も触れたことがあったが僕は紙が好きでかつては
かなり精力的に映画のチラシなどを収集していた。

であるからどうしてもフライヤー(チラシ)制作は力が入ってしまう。
デザイン性を重視する上でチラシとしての機能性を忘れてしまう。
というより、どうでもよくなってしまう。

10年前、当店A.T.P.のフライヤーの第一弾が世に配布された。
それがこれである。
d0177471_2045955.jpg

今では古物百貨店などと謳っているがこのフライヤーでは
ポルノショップとなっている。
d0177471_20628.jpg

裏面は三文ポルノ広告をパロッたものでイカガワシサで言えば
現在の比ではない。

第2弾は「全国温泉巡り」と題された温泉地のコラージュ作品で
ここでは「歩瑠野ショップ」と謳われている。
d0177471_2065476.jpg

裏面には地方温泉地にて現実逃避をしているオーナーから
スタッフに送る手紙という支離滅裂な内容。

第3弾はだいぶ健全な内容になり、家具の姿も見られる。
d0177471_2073679.jpg

昭和中期の人工着色による観光カラーポストカードをコラージュし
桃源郷的風景を描いていて、空には道祖神の姿があり、
「on the road!」と題されている。

そして、5年の沈黙を破って登場した第4弾。
構想はだいぶ前から僕の頭の中にはあった。
ただ、現実的にそのイメージを形にするのはかなり難しいことで
半分あきらめていた。技術的にも確立的にも・・・
先ず、僕に必要な物は16世紀の日本列島が書かれた航海地図。
原版画はほぼ無理だし、レプリカもあまり出回ってはいない。
がしかし、運の強い僕は2年前のある日、それを手に入れる。
が、まだまだ必要な古い文献があった。
が奇跡的にそれらも僕の手に渡ってきてようやく着工。
が、思い描いていた版画の質感に近いわら半紙印刷を行ってくれる
印刷屋などなく、諦めていたところ可能な印刷屋をみつける。今年2月のこと
である。

そして、出来上がった第4弾A.T.P.フライヤー。
d0177471_2083286.jpg

苦情が多発している。

でもいいんです。僕は
広告とか、宣伝とか
劣位半球が敏感な超感覚的アンテナを持ってさえすれば
当店に辿り着いてくれると信じているのです。

当店にはいろいろな珍看板や珍広告なども商材として扱っている。
パソコンやインターネットなどが無い時代、広告や看板など
は物理的に面白かった。
d0177471_2092869.jpg

おそらく風見スタンドという飲み屋に4つの造り酒屋が共同で出資し作った
看板であろうがかなりの出来。ケヤキの一枚板の木彫で現在こんなもん
作らせたらかなりの金額になるんじゃないか?
d0177471_2095274.jpg

これもかなり珍品でアメリカか日本の米軍基地かにあったカルチャーセンター
、または教会?の看板。
d0177471_201014100.jpg

ご存じウールマーク。これまた出来がいい。
木製の箱型の台座の金属加工のウールマーク。
d0177471_20103653.jpg

静岡県茶商工業協会組合が1960年度のカレンダーとして制作された
広告カレンダー。ヤバすぎる。50’sファッションの金髪女性の手にはモダンな
朱色の湯のみが・・・合成ではなく、この為にこの外人女性をモデルに招き撮影を
した模様。サイコ。
d0177471_2011165.jpg

魚印高級ゼンマイのパッケージ。魚とゼンマイの関係は??そもそも
そんなに世の中でレギュラーな商材であったのかゼンマイが・・・
d0177471_2012072.jpg

王様クレヨン。キュート
[PR]
by interestingman | 2011-07-31 20:59
ナポレオン・ダイナマイト
以前、記述したことだが僕は映画好きである。
こうも日々雨に降られてしまうと映画鑑賞の方にも
精がでる。

最近では家の近くにあるレンタル店にも観るべき作品が
なくなってしまい、見落としの映画を探す為、陳列棚に
並ぶdvdを隈なくチェックする。
カテゴリー別に置かれているようだが、店の判断違いで
間違ったカテゴリーに置かれた作品などを発見することがしばしある。
どうでもいい作品などはそのまま放っておくが、名作ともなると
僕も我慢ならない。
救出し、正しいカテゴリーの場所に置く。
また、名作が最下列などに置かれているとちょうどいい目線の
場所に置く、平置きになっている駄作をたて置きに直し、先の
名作を平置きにする。
本当ならば店のスタッフがやるべき仕事であろうが、無能な彼らは
返却ソフトを小脇に抱え、カバー探しにウロウロしている。

「あっちの棚の3段目っすよ。」

僕は大体の作品が何処にあるくらい把握している。

これまで僕が通った数々のレンタル店において僕が必ず行う、
レジスタンスがある。
この腐敗し、作品のカテゴライズすらロクにできやしないレンタルビデオ界に
ささやかに行う僕の反乱行為。

それはシルベスター・スタローンの「ランボー」をアクションコーナーから
ドラマコーナーに移す事だ。

「ランボー」は現在では戦争アクション映画の代表作として世の中では知られている。
しかし、1作目の「ランボー」はアクション性よりかはるかにドラマ性の強い作品
だと僕は評価している。
たしかに2作目以降はアクション性重視に制作され、それはそれなりに大した作品で
僕もそのように評価しているが、1作目は別物なのだ。
どのへんが高いドラマ性なのかはつべこべ書くきはないが僕はそう断言できる。

僕は2作目以降の3作品をアクションコーナーに残し、1作目「ランボー」だけを
ドラマコーナーへと救出する。

レンタルビデオ界もどうしょーもないが、さらにどうしょーもないのは配給会社だ。
度々、彼らが制作したであろうカバーデザインや邦題には残念な気持ちになる。

挙げれば切りがないが、数々の優れた作品が配給会社の手によってその本質とは
かけ離れたかたちに歪められ、観賞者の手に渡らなかったことだろう。

カバーデザインの例でいえばアトム・エゴヤンの「エキゾチカ」なんか僕にとって
忘れられない酷さだった。
1997年「スウィートヒアアフター」でカンヌ国際映画祭の審査員特別賞を獲得した
カナダ出身の監督、アトム・エゴヤン。今では珍しくない技法だが時系列を無視した
独特のカット・アップのストーリーテーリングで以外な真実に結びつける手法は
その3年前に発表した「エキゾチカ」で完全に完成していた。

がこの優れた作品を配給会社はスクールガールのコスプレをしたストリッパーがさも
これからいやらしい行為を行うみたいな写真をカバーデザインに使用し、見どころ満載の
エロティック・サスペンス的なアプローチでパッケージデザインを制作した。

酷い、ひどすぎる。

マイク・リーの名作「ネイキッド」なども同じような類の被害をうけている。

また、残念な邦題を付けられた名作は何といっても2004年にアメリカで公開
されたジャレッド・ヘスの「ナポレオン・ダイナマイト」だ。

日本では未公開のこの作品は監督もそれまで知られていない監督だった為、チキンな
配給会社が邦題制作の時点で当時日本でヒットしていた電車男をパロって「バス男」
という題名をつけたのだ。なんという浅ましさ。

これは映画史に残る大犯罪の一つだと僕は認識している

なぜならばこの「ナポレオン・ダイナマイト」はこれまでの映画史、コメディー史の
エポック・メーキング的作品だと僕は思っている。

オフ・ビートに徹底的に描かれるハズれた人間達。

主人公は徹底的なダメさ、ダサさを持った高校生。観ているこっちが苦笑し、恥ずかしく
なるような彼の振る舞いに鑑賞者の「やるせなさ」はどんどん高まってくる。

しかし、そこで起きる奇跡のようなエンディング。

僕は泣くところでは全くないのに流れる涙を止めることができなかった。

カッコ良すぎる。ジョン・ヘダ―。
生きる勇気を与えたくれる。

監督のジャレッド・ヘスは2作目ジャック・ブラック主演の
「ナチョ・リブレ 覆面の神様」でも同じような試みをしていて
レスラーに憧れるダメ男を描き、エンディングでは爽快な逆転劇で
独特のカタルシスを起こすことに成功している。

「ナポレオン・ダイナマイト」以降、ダメ人間とそのダメでシュール振る舞いに
焦点を当てた映画や、エンディングでそのダメ人間の逆転劇にてカタルシスを
起こそうとする映画が多く作られているが。
やはり、本作以上の感動を僕は得られていない。

その昔、
マルセル・デュシャンは「噴水」という題名のエレガントな作品を発表した。
それはただ便器を逆さに展示しただけのものだった。

そんなのが僕は好きです。
[PR]
by interestingman | 2011-07-21 16:02



覚書き
by interestingman
カテゴリ
以前の記事
2016年 02月
2015年 08月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧