「ほっ」と。キャンペーン

焼鳥 ブルース
この暑い季節は朝、目を覚ましても,寝ている間にかいた汗を
身に纏っているようで厭な感じ。
シャワーを浴びようとも思うのだが、浴びたとしても仕事
で家を出るまでにはまだ時間もある。
その間にまた汗をかいてしまう。
何だか勿体無いから、少し時間を稼ぎ、もっと汗をかいてから
シャワーを浴びようと散歩する。

淵野辺の町を散歩していると何だか「ブルース・ブラザーズ」
がムショウに観たくなり家に帰る。
シャワーを浴びると「ブルース・ブラザーズ」をプレーヤーに入れた。
僕は人生において何度この映画を観たのだろう、おそらく100回は観ている。
どのシーンから観ても面白いし、音楽映像としてたれ流していても悪くない。
10年以上テレビアンテナを繋げていないウチでは、息子が小さい頃、
もっぱらこの「ブルース・ブラザーズ」をプレーさせていて、ジェイク
とエルウッドが息子の子守をしてくれていた。

久しぶりにこの映画を観た息子は覚えているもんだから一生懸命
シーンの成り行きを説明する。
「そしたら、ジェイクが光ってブルブル震えたら踊りだすんだよね」
「うるせーよ。」
「家が爆発しちゃうんだよね」
「わかったよ。」

パトカーとのカーチェイス、映画が始まって30分もしない頃、これが
始まる。ショッピングモールの中を破壊しまくりながらのカーチェイス。
息子は一段と身をのりだす。
「ここサイコーだよね。壊しまくってさー」
映画尺で3分間、車でショッピングモールを破壊しまくる。

息子にそう言われて僕は今回初めてこのシーンを意識した。

1980年に制作されたこの時期にはアメリカ国中にこのショッピングモール
という大型商業施設があったとされるが、日本では大規模小売店舗法が廃止され
大規模小売店舗立地法が制定された2000年以降にショッピングモールは増え続け
ている。
アメリカでも日本でも、このショッピングモール建設にあたり
地元の商店街が衰退し、近隣自治体に悪影響を与えるなどの問題が起こって
いるのだが、この「ブルース・ブラザーズ」のこのシーンはそんな資本主義経済に
対する痛烈な社会批判だと僕は今日はじめて意識したのだ。

パトカーに追われ、ショッピングモールを疾走するジェイクとエルウッドは
全く動揺のない涼しい顔をして会話をしている。
「美容院に、楽器屋に」
「輸入雑貨屋に、ペットショップ、何でもある」
そんな会話をしながら映画尺3分間の間破壊しまくるこのシーンは庶民の味方
であり、ダウンタウン育ちのジェイクとエルウッドの過激なレジスタンスなのだ。
映画制作にあたり、スポンサーやモラル的な側面においても、よくこんなシーン
が撮れたものだな―と感心する。おそらく破戒者ジョン・ベル―シの仕業であろう。

そんな発見をした午前中。すっかり興奮気味になった僕はまたもやシャワー必要な
ほど汗まみれ。


先月の15日からオープンした町田の焼鳥「ブルース」。
お陰さまで、盛況のようで、遅くなりましたがレポートです。

オーナーの木村氏とは古くからのつき合いで、一緒に暮らしたことがあるくらい
の仲である。そんな彼が「店をやりたい。」と口にしたのは3,4年前の頃だろうか、
昔から飲食店の厨房を渡り歩いてきた彼だが、何しろ酒が好きで、その上、のんベー
を絵に描いたような顔をしている。
「ダメだよ、タダシくん(名前である)みたいな人が店やったら、商売にならないでしょ
店中の酒飲んで、勘定が合わずに終わっちゃうよ。」
これが地元の友達連中の共通の意見であった。
そんな彼が結婚をして、子宝に授かり、真剣な面持ちで僕のところにきたのが、去年の
今頃だろうか?
「エージ、店やりたいんだけど。」
結婚し、子をもうけた男が一念発起して勝負してやろうと勇む空気が漂った。
僕はその空気を鼻から大きく吸い込んだ後言った。
「じゃー、話をしようか。」

物件探しから始まり、なんだかんだで物件が見つかり、具体化したのが今年の4月頃、
彼の友人である施行業者のハウス・レオンの麦谷さんを紹介され、店の方向性やスタイル
を話し合い、プランナーとして僕も必死になって考えた。なんていったってタダシくんの
店なのだ。彼が僕を頼ってくれた事は言葉にできないくらいうれしかったし、その期待
と信頼を裏切りたくない。

焼き鳥屋を開きたいとのことなので、町田に行って気になる焼き鳥屋を巡る。
市場調査というヤツである。
ここ最近では焼き鳥屋が流行っている事もあり、いろんなスタイルの焼き鳥屋がある。
そこにはシーンがあり、カルチャーがあるのだ。
調査した結果、大きく分けて4つのスタイルの焼き鳥屋があることを僕は確認した。

タイプ A
昭和レトロスタイル
「3丁目の夕日」的な昭和のノスタルジーを演出した店。
ホーロ看板や昔のサッポロビールのポスター、レトロなデコラテーブルだったり、
裸電球の照明。

タイプ B
ガード下系穴倉ゲットー立ち呑みスタイル
昭和レトロスタイルの発展系。トタンの波板を使用したり、ガレージ感が強く、
ドラム缶をテーブルにしたり、床や壁がコンクリ打ちっぱなしであったりと
昭和レトロスタイルと比較するとハードだが独特の都市感が感じられる。

タイプ C
トラディショナル飲み屋スタイル
ファサードに大き目の提灯をぶら下げ、瓦の廂や一枚板の看板、カウンターは
国産の銘木を使用し、座敷がある。

タイプ D
ジャパニーズモダンスタイル
壁は漆喰、所々に銘木を使用し、家具は天童木工系で、照明は柳宗理の照明など
あくまでもモダン、鶏肉は地鶏肉を使用し、使用皿は備前か萩っぽい物を使用。

だいたいこんな感じかこれら4つの発展系である。
僕はこれらのどんな店にもしたくなかった。
タダシくんの店、彼も「ブルース・ブラザーズ」をこよなく愛し、酒を愛する味な奴。

というわけでこんな感じです。

d0177471_2081650.jpg

d0177471_209983.jpg
d0177471_2094590.jpg
d0177471_20102457.jpg
d0177471_20104510.jpg
d0177471_20105699.jpg


タダシくんらしいド直球の店名
日本の伝統的な色「藍」とブルースという音楽から彷彿する「ブルー」を念頭に
僕自ら色を配合し作った「ブルース・ブルー」を基調に、床はブルーが映える黄土
色、味のある木調のアンティーク家具に提灯の照明。
伝統的な和のスタイルとロバート・ジョンソンの歌がマッチするオリジナルな焼き鳥屋

焼鳥 ブルース

なにしろ行ってください。
[PR]
by interestingman | 2012-07-26 20:58
<< 久しぶりです。 マックス・エルンスト展に往く。 >>



覚書き
by interestingman
カテゴリ
以前の記事
2016年 02月
2015年 08月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧