ソフビ人形
ここ2,3日、僕は手のひらに載せられるぐらいの
小さなビニール製の人形達の汚れをたんたんと落としていた。
それらは先日の火曜日にあるコレクターから買い取った、
いわゆるソフビ人形達で、その他にもブリキ玩具や古いおもちゃ、
レコードを山ほど買い取った。
僕はそれらを丁寧に、もともとの塗装などに障らぬように仕上げて
いくわけだが、量がハンパない。
d0177471_14583715.jpg

こんなだったり
d0177471_1502637.jpg

こんなだったり、それでも一部で
いい大人がおもちゃに囲まれて、チビチビとそれらを磨いている光景は
あまり素敵な光景ではない。
しかし、磨いているうちになかなかどうして可愛らしく、物によっては
「うーん」とため息がでるくらい、出来がよかったりする。
この手のコレクター物は相場もインターネットで簡単に調べられるので
見てみると、開いた口がふさがらない。
「ちょっと、そっち持ってくれ」なんて言って、ウンとこどっこいと持ち運ば
なくてはいけない家具を数万そこそこで商売しているのがバカバカしくなると
まではいかないが、ある種の脱力感を感じてしまう。

我らがATPはかなりの多岐にわたるモノを扱っている。
それだけ多種多様な価値観を持った人々が訪れるわけだが、ほんとにそれは
人それぞれだ。ある人にとってはゴミだが、ある人にとっては宝であり、
その逆のケースもまた然り。

だからおもしろい。

必要性も不必要性もなければ、常識も非常識もない。
モノが存在しているには意味がある。またその作り手もいれば、技術もあり、
素材がなければつくれないし、需要がなければ生まれない。

「世の中には、これを必死で手に入れようとしている人もいるんだ。」
とふつふつ考えながら、僕は8センチくらいのピンクのニャロメソフビ人形を
磨くのでした。
[PR]
by interestingman | 2010-08-14 18:31
<< paint it black ブラブラ >>



覚書き
by interestingman
カテゴリ
以前の記事
2016年 02月
2015年 08月
2014年 12月
2014年 06月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧